【猫の口臭】原因&おススメ口臭ケアをまとめてご紹介!

こーんなにカワイイお顔に似合わない強烈なお口の匂い・・・

いくら愛してやまない愛猫ちゃんでも、強烈な口臭は心が折れるものですよね↓

ただ1つだけ間違いないことは

【何もしなければずっと強烈なお口のまま】

ということ。

 

愛猫ちゃんとのキスやまったりしたくつろぎの時間を取り戻すために、今何をすればいいのでしょうか??

まずは口臭の原因を明らかにし、必要なケアを考えていきましょう(^_-)-☆

 

布の見出し素材(まち針つき)51

口臭の原因

・歯石や歯肉炎などの口腔内疾患
・胃や食道の炎症
・内臓の病気

人間でも猫でも、口臭の約80%は口腔内疾患が原因といわれています

ですがときに重大な病気のシグナルであることもあるので、愛猫ちゃんの口の匂いがいつもとちがったり、刺激的なほど強烈に匂う場合にはほうっておかずしっかりと原因追及をすることが大切です!!

 

歯周病

出典:lunahp.hamazo.tv

生活習慣病のひとつである歯周病は人間だけでなく猫にも発症します。
口内に傷がつくことで炎症を起こしたり、食べ残しなどで不衛生になっており細菌が繁殖することで発症します。

症状としては

・歯茎からの出血
・口からの腐敗臭

があげられ、動物病院で歯石を除去したりウェットフードからドライフードへ変更する、歯磨きをすることで改善されます。

見つけたときにはひどくなくてもほっておくとあっという間に悪化して、

『抜歯しないといけなくなった・・』

という話もよく聞きますので早めに対処が大きなカギになります。

腎不全

出典:catcub.jp

猫はもともと腎不全になる可能性がとても高い生き物で、中高年になるとさらに発症リスクは高まります。

症状としては
・食欲不振
・排尿回数の増加
・強烈な口臭(またはアンモニア臭)

で原因は遺伝や、もっと根深い病気にかかっておりそれにより併発することも!!

つよいアンモニア系の口臭を感じたら、早めに病院受診しましょう(+o+)

 

糖尿病

出典:matome.naver.jp

遺伝要因もおおきいですが早食い・食べ過ぎ・お菓子大好きな猫ちゃんに多く見られる糖尿病。

症状としては
・食事量や水を飲む回数の増加
・それに伴う排尿の増加
・甘酸っぱい口臭

があげられ、高齢になればバルほどリスクは高まるので、食事量など普段から気にしておきましょう!!

7歳以上になると今までの食事ではカロリー過多になってしまうのでシニア用のキャットフードに切り替えて予防してあげましょうね(*´ω`*)

 

口内炎

出典:anzu-pet.com

猫の口内炎の原因としては猫エイズウイルスなどの感染症・糖尿病などの内部疾患・ただの体調不良の3点が考えられます。

幸いお口の中をしっかり見れば炎症が素人目にもハッキリとわかるので判断しやすいです。

小さいものでご飯も自分で食べられる程度であれば自然治癒しますが、膿んでいたりただれている・食事がとれないほど悪化している場合には受診しましょう☆彡

布の見出し素材(まち針つき)51

人気の口腔ケアグッズ☆トップ10

アマゾンや楽天市場で人気の口腔ケアグッズのトップ10商品をご紹介します☆彡

口臭の一番の原因となる歯垢は歯石に代わり、一度ついてしまうととても頑固でなかなか取れません。

蓄積された歯石は獣医師で全身麻酔をかけて取らなければいけなくなるので、危険も避けられませんし愛猫ちゃんの体にとっても大きな負担となります。

だからといってほっておいて歯肉炎になるとかなりの痛みを伴います。

そんな辛い2択を迫られずにすむように、毎日のケアをしっかりしましょう(*´ω`*)

 

楽天人気NO1・歯磨きジェル ≪ペティ≫

楽天市場で340件以上ものレビューがありながら☆4,3もの高評価を維持している人気NO1の歯磨きジェル。

ハミガキシートや柔らかい布にジェルを付けて歯をこすってあげるだけ!!ハミガキが苦手な子には口の中に垂らしてあげるだけでも効果が期待できます♪♪

歯垢が付くのを予防できるだけでなく、すでについている歯垢も落ちるというところがすごいですよね!!

⇒楽天NO1人気☆歯磨きジェル デンタアプローチ・ペティを見る

 

アマゾン人気NO1☆液体ハミガキ

アマゾンで150件以上の高レビューを獲得しているNO1口腔ケアグッズはこれ!!

天然エキス配合で『無味・無臭・無着色なので使いやすい!』と好評です。

こちらは歯磨きジェルとは違い、普段の飲み水にキャップ1杯加えるだけで効果が期待できます(*^▽^*)

ハミガキどころか口元を触られるのが苦手な猫ちゃんも無理なく続けられますね♪♪

⇒アマゾンで人気NO1☆液体ハミガキを見る

 

ゼオカルPHプロ

ハミガキが苦手な猫ちゃんでも、お口にシュッとするだけで簡単に口腔ケアができ、
歯垢だけでなく目の周りの涙やけや内耳炎、ちょっとしたケガにも効いたなどの不思議なパワーがある模様(*^▽^*)
レビューによると万能スプレーと書いている人がいるほど信頼されているです☆
トリマーさんに人気のようでサロンでもよく紹介されています。

⇒スプレーするだけで歯垢が取れる! 万能ゼオカルPHプロはこちら

オス猫の発情期にはどう対処したらいい?!

猫がトイレを失敗する原因と改善策はこれだ!猫のそそうを解決!

こんにちは!!

今まさに題名どおりの≪猫がトイレではない場所でそそうをする≫ことについて悩んでいる猫ママです。

猫のおしっこは犬や人間と比べてケタ違いにくさいですよね。そんなおしっこをトイレ以外の場所でそそうするなんて、たまらない!!とんでもなく困った事態です(>_<)

うちの2匹のにゃんこたちも、クローゼットの中や靴、重ねてある洗濯物の上、羽毛布団などふかふかした場所で時々そそうをしてしまいます。

特に叱った後や、長時間の来客やお留守番の跡などストレスがかかった後にするのでもしやわざとじゃ?!と疑ったこともあったくらいで、本当に泣きたくなるくらい困ってしまいます。

このページでは猫ちゃんがどうしてトイレ以外の場所で粗相してしまうのか?!を知り解決法を一緒に見い出していきましょう!!

 

原因は?!どうしたら改善される?!

・トイレの場所は適切か?

⇒猫ちゃんはトイレに関してはとてもデリケート。洗濯機や窓の近く等騒がしい場所はトイレに向きません。静かで落ち着いてできる場所に設置し、場所を変更しないようにしましょう。

またトイレを新しくした場合もトイレで落ち着くことが出来ず失敗する場合がありますが、前の砂を少し残して入れておいてあげると失敗しません。

 

・いつものトイレは汚れていないか?

⇒ウンチをしても留守などで掃除してあげられないときもあるので、できればトイレは1匹に対し2つ用意することが望ましいです。

 

・周囲に芳香剤やにおいのきつい物を置いていない?

⇒猫は必ず自分のにおいの付いた場所で排泄するので他の香りを嫌います。

猫のトイレのにおいが気になる場合はせめて無香料の消臭剤してあげましょう(*^-^*)

 

・来客後やシャンプー後など嫌なことがあった後では?

⇒猫はとても頭のいい動物なので、不満を訴えてわざと粗相をすることもあるそうです。

まさにうちの子はこれでしたが、来客後のアフターケアが足りなかったためにストレスになったようです。

そんなむちゃくちゃなぁ~とこっちが泣きたくなりますが、確かにお客様が帰った後も抱っこもいい子いい子もしてあげなかった・・

された場所によっては発狂しそうになりますがポイントはそそうをしても叱らない・ストレスがかかった後はコミュニケーションを増やしてあげる・粗相片づけは猫が見えるようにする事だそうです。

まるで子育ての様ですね(;^ω^)

 

・以前そそうした時のにおいが取れておらず失敗してしまったのでは?

⇒猫は自分のにおいのある場所で排泄したがるのでにおいが残っているとたびたび失敗を繰り返すことがあります。

猫のそそうの片づけの基本は、おしっこをアルコールや中性洗剤でふき取った後ペット用の消臭剤などを使えばほぼ完璧ですが、スプレー尿などにおいのきついものに対しては熱湯をかけるという方法がおススメです(≧▽≦)

おしっこの中のにおいのきつい成分は熱湯をかけるとほとんど分解されてしまうのです。

熱湯がかけられない場所にはアンモンニアを中和させる効果のある漂白剤も効果的です。水で薄めた漂白剤をぞうきんに浸し固く絞って拭き取りましょう。

 


%e7%8c%ab%e3%81%ae%e3%81%9d%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e8%a7%a3%e6%b1%ba%e7%ad%96

出典:en.rocketnews24.com

こんな様子が見られたら注意!!病気のサインかも?!

繰り返すおしっこの失敗の裏にはもしかしたら≪病気≫が潜んでいるかもしれません。

猫はもともと砂漠にすんいたため、尿を濃くすることで体から失われる水分を最低限に抑えていました。その名残で今でも他の動物に比べ猫の尿は匂いもきつく濃いのです。

膀胱に尿が貯まっている時間が長いうえに濃いので、ミネラルが結晶化して結石になりやすいため猫には泌尿器の病気が大変多いです。

そそうをしてしまったた時だけでなく普段から愛猫ちゃんのトイレの様子は気にかけておきましょう。こんなしぐさが見られたら受診をおすすめします

 

・頻繁に排尿姿勢をとっている

・いろんなところに少しづつおしっこをしている

・排尿回数が少なくなった

・排尿するときに鳴く

・血尿

どんな病気も早期発見・早期治療が何よりも大切です!!

上記の症状やいつもと違う様子が見られたら放っておくと愛猫ちゃんもお財布も大変なことになります(>_<)たかがおしっこの病気でも命に関わることもあるのです。

早めに気づけたらお薬や食事療法・ストレスの原因を取り除いてあげると回復も早いので日々の観察が何よりも大切です。

毎日癒しと幸せをくれる、大切な家族の一員だからいつも元気でいてほしいですね(≧▽≦)v