ソマリの性格や特徴は?多頭飼いや抜け毛対策などソマリの疑問解決

とっても上品で気品にあふれた風貌のソマリ。

立ち姿が美しくバレリーナの様であることから【バレリーナキャット】という別名もあるほどです。鳴き声も美しく人気の高い猫ちゃんですが、実はソマリちゃんを迎えるならちゃんと知っておかないといけない大切なことがあるんです!!

大切な愛猫ちゃんだから性格や特徴をよく知ってずっと仲良く暮らしたいですもんね♪♪

 

今日はソマリちゃんについて徹底的にお勉強してみましょう!!

 

 

布の見出し素材(まち針つき)51
ソマリの基本的な知識を知ろう!!

ソマリは原産国はエチオピア。アビシニアンの突然変異によって生まれた品種で初めは異端視されていましたがキャットショーで審査員が一目ぼれし、ファンがどんどん増えて世界的な品種となりました。

知らない方も多いですが実は毛質にレッド・ルデイー・ブルー・フォーンの4種類があるんですよ!!
偉そうに言いましたが私も初めて知ったので特徴をまとめてみますね(#^^#)

【ルディー】

出典:melissakitchow.com
ベースの色はオレンジがかった色味でおでこから尻尾にかけてすーっと黒いラインが入っているのが特徴です。

【レッド】

出典:somalism.net
ベースの色はルディーと同じくオレンジですが、おでこから尻尾にわたる黒いラインが入っていないのが特徴です。

【フォーン】

出典:matome.naver.jp
ベースの色がオレンジではなく柔らかいベージュなのが特徴です。

【ブルー】

出典:ryoko-feliscat.hatenablog.com
ブルーという名前ですが人間の目から見るとグレー。毛色が全く違うのが特徴です。

毛色に少しづつの違いはありますが目じりからほほにかけてアイラインのような毛がクレオパトラのように美しく、ふわっふわのしっぽも体のラインの美しさを強調していますよね♪♪

キャットショーで審査員が一目ぼれし、ブリーディングされるようになったのも頷けます!!

知的探求心がつよくてとっても賢いためコミュニケーションをとってもらう事を一番の喜びとし、従順ゆえに飼い主さんの事をよく見ています。

活発な子が多く、遊ぶこともスキンシップも大好きでコロンと寝転がって『お腹を撫でて~』と甘えて見たり、大好きなママの後ろをくっついてまわったり・・・

しかしそんな甘えん坊の顔を見せるのは絶対的に信頼している家族だから。

初対面の人や来客は苦手な子が多く、全体が見渡せる高い場所が大好きで落ち着きます♪♪

安心できるスペースを確保するためにキャットタワ―を選ぶ際には高さのあるもの、子供さんがいる場合にはゲージをおススメします。

⇒【ソマリにおススメ!!キャットタワー&ケージ】

賢いゆえにこだわりや自分のペースもあるので多頭飼いには向きません。
飼い主さんの愛情を独り占めしたいタイプなのでたっぷりと溺愛してあげちゃってください☆彡

平均寿命は11年~15年と一般的な猫ちゃんより少し長め。
メスはきゃしゃな子が多く成猫になっても2,5~4キロで、オスでも3~5キロと少しちいさめの猫ちゃんになります。

ペットショップにもよりますが2018年現在で15~20万円くらいの価格が平均的です。

布の見出し素材(まち針つき)51
ソマリは抜け毛が多い?!

気になる抜け毛の量ですがソマリちゃんは・・・【抜け毛が多い】です。
ソマリはアビシニアンの長毛種なので、見た目の通りボリュームのあるタテガミや尻尾は春と秋にきっちり抜け替わります。

飼い主にとってはストレスでもある抜け毛ですが毛足が長いので服についてもコロコロで取れますし、毎日のブラッシングでかなり違ってきます。

プラスチックや金属性など色んなブラシがありますが、ソマリにピッタリなのは【豚毛のブラシ】

 

豚毛ブラシといっても写真のように毛先の揃っているタイプと揃っていないタイプがありますがソマリは長毛種なので、毛先が揃っていないものがおススメです♪♪

⇒アマゾンで豚毛ブラシを見る

大きくなって抜け毛に困ってから始めるとブラッシングを嫌がる子も多いので、子猫ちゃんのころからスキンシップの一環としてブラッシングの習慣をつけてあげましょう♪♪

布の見出し素材(まち針つき)51
かかりやすい病気

出典:matome.naver.jp

あまり病気の事は考えたくないものですが大切な愛猫ちゃんの健康を守るにはしっかりと知識を付けておくことは大事な事です。

実はソマリは遺伝的な要因によって『ピルビン酸キナーゼ欠損症』になりやすいんです。

遺伝子レベルでの問題なのでソマリだけでなく同系統のアビシニアン・シンガプーラ・ベンガル・ラパーマなどの種類にも発症率が高い病気です。

ピルビン酸キナーゼ欠損症なんて聞いたこともない名前で怖くなってしまいますが、ちゃんと病気の事を知って対処すれば上手に付き合っていける病気なので少し詳しく書きますね♪♪


ピルビン酸キナーゼ欠損症とは??

遺伝子を親から受け取る時に発症する染色体の劣性遺伝で、エネルギーを作り出すのに必要なピルビン酸キナーゼと呼ばれる酵素が血液の赤血球に存在しないため赤血球の寿命が短くなり貧血に陥ってしまう病気。

症状としては軽度なもの・断続的な物・子供のころだけのもの・成猫になってから急に発症するものなど個体によってかなりばらつきがあるため生涯にわたって発症のリスクはあります。

そのため飼い主さんが日ごろからよく猫ちゃんの様子を気にかけ、早期発見してあげることが最も大切です。
治療の必要ない軽度の場合が多く、その場合は無理な運動を避けストレスがかからない環境を整えてあげれば十分に普通の生活を送ることが出来ます☆

しかし
・運動したがらない、すぐに疲れる
・口腔粘膜の蒼白化
・脈が速い
・心臓の雑音
・黄疸

などの症状がみられたら重度のサイン。


 

重度であっても薬などは現在なく選択肢は骨髄移植となりますが、現実的に考えてドナーが見つけることはかなり難しく、手術の危険性、費用などを考えるとハードルがかなり高いもの。

そのリスクをおってまで手術をしないと死んじゃう!!動けなくなる!

という程の病気ではないので、ほとんどの場合激しい運動は避ける・ストレスが少ない環境を整えてあげるなどメインの療法になります。

ソマリを迎えると決めたならば多頭飼いはあきらめるすでに先輩猫ちゃんがいる場合はソマリ以外の子を考えるなどしっかりと環境を整えてあげることが重要です♪♪

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)