猫がお茶を飲んでも大丈夫?!~注意したい飲み物~

出典:peco-japan.com

自分が飲んでいてそのまま机に置いていたコップに愛猫ちゃんがお手てをちょんっとしてペロペロしている事ってありませんか??

可愛いなーと思って見詰めていしまいそうですがいけません!!

その飲み物は【猫ちゃんにとっては有害】かもしれません(>_<)

 

私たちの普段通りの生活の中の一コマ、人間にとっては何ともない状況が実は猫ちゃんにとっては危険だったりするんです!!

変わったものを食べて元気がなくなったり嘔吐すると本当に心配になりますよね。

大切な愛猫ちゃんを守るために気を付けたい状況をおさらいしてみましょう(*^-^*)

 

布の見出し素材(まち針つき)51
花瓶の水

出典:zhidao.baidu.com

水自体は何の問題もないのですが問題はそこに生けているお花

【猫にとって危険な植物】の特集でも触れましたが、ユリなどはかなり重篤な症状を引き起こし、時には死に至ることもある猫ちゃんにとっては有害な植物です。そんな有害なお花が活けられている花瓶の水には・・・もちろん成分がとけだしていますよね。

実際に花瓶の水を飲んだ猫が痙攣をおこし救急受診することも多く事例があります。

アイビーなど私たちが日ごろ慣れ親しんでいる植物も有害リストにたくさんはいっていますのでので一度はページを見ていただいて、ネコちゃんにとって危険な植物は花瓶には活けないように注意しましょう☆

 

布の見出し素材(まち針つき)51
置きっぱなしの油

 

テンプラの後や、明日も使うからもう一日だけ・・と油をそのまま置いていませんか??

実はその油、知らない間に猫ちゃんが舐めてしまっているかもしれません。猫ちゃんなぜか油が大好きなんです!!

しかし本来の猫の生活では植物油を摂取することがなかったため代謝する機能が猫にはなく、摂取した油がどんどん体内に蓄積されていきます。そして換気扇がベタベタになるように猫ちゃんの体内を汚染していきます。

想像するだけでぞっとしますよね(>_<)

個体によって蓄積された油が引き起こす症状は違いますが、毛の色味が変わったり抜けたりして皮膚炎を起こしたり、薄いピンク色の液体をはいたりひどくなると血の塊をはく子もいるようです。

出典:qzone.open.duitang.com

猫ちゃんが油を舐めていることに気づかず長期間放置すると消化器官がただれて潰瘍ができたり、アトピーを発症したり・・・果ては腎臓病・肝臓病・糖尿病・心臓病などいたるところに異常をきたしてしまいます。

怖い話になってしまいましたが数回舐めただけなら大丈夫!!少量であれば下痢や嘔吐に気を付けて自宅安静で大丈夫です(*^-^*)


いたずらなどでもしも猫ちゃんの毛も油で汚れてしまった時には

 

①小麦粉などの粉類をつけて油を吸収させてから台所用の中性洗剤を薄めて洗ってあげる。

②メイク落としと同じく脂を油で落とす方法です。ベビーオイルやサラダ油をキッチンペーパーにつけて工業油をふき取り、中和させてから台所用の中性洗剤で洗ってあげる。

 

食用油などは①の方法で、工業用の油の場合は②の方法が適しています!!

 

揚げ物油などはやけどの危険も十分にあるので、普段からキッチンに入ってはいけないという≪しつけ≫もしておきましょう(>_<)

 

布の見出し素材(まち針つき)51
美味しいコーヒーも危険?!

人間にとってはほっと一息つけるコーヒータイム。ですが猫ちゃんがコーヒータイムをしてしまうとそんな優雅な事は言ってられません(>_<)

猫にはよくなさそうとはなんとなく思っていてもちょっと目を離したすきに

『あっだめーー!!』という事、ありますよね↓

でもそんな一瞬の油断でずっと後悔しないためにも、ここでカフェインの恐ろしさを詳しく見ていきましょう!!!


 

カフェインは直接的に心筋と中枢神経を刺激し、過度の興奮・頻脈・出血やけいれん等を引き起こします。

犬猫のカフェイン致死量は1㎏あたり150㎎とされているので体が小さければ小さいほど致死量も少ないため、より注意が必要です。

コーヒー一杯に含まれるカフェインがだいたい100㎎なので、コーヒー一杯を全部猫ちゃんが飲むなんてことはあまりなく実際にカフェインを致死量以上摂取して死亡したケースというのは少ないようです。

 

布の見出し素材(まち針つき)51
猫が食べてはいけないものを食べたときは?!

どんなに気を付けていても私たちも人間。完璧ではありません。

万が一大切な猫ちゃんが『食べてはいけないものを食べてしまった』時は飼い主さんの話を聞いて獣医さんは判断をするわけですから、何を食べてどういう状況で、どんな症状が出ているのかという正しい説明をすることがとても重要になってきます。

心配でたまらないでしょうがとにかく落ちついて、

①症状を引き起こした物質の特定
②摂取したもののパッケージや現物があればそれをもって受診

③自己判断で無理に吐かせたり水などを無理に与えない

そのうえで電話連絡をしてから受診しましょう。

下手な処置をすることで重篤化することがあるので特に③には気を付けてくださいね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

少しでもお役に立てたら嬉しく思います♪♪