猫に危険な観葉植物をチェック!中毒で死に至ることも!!

猫がご飯は足りているはずなのに家の中の観葉植物を食べてしまう事ってありますよね!!猫ちゃんを見ているとわかりますが、ネコはとってもきれい好きで毛づくろいが大好き(*^-^*)

本来は肉食の猫ちゃんですが、毛づくろいの際に飲み込んでしまった毛玉を吐き出すために本能的に草を食べてしまうんです。

なので草を食べること自体は何の心配もいらないのですが、注意したいのが人気の観葉植物の中には猫にとって毒となる植物があるという事です。

接触したり食べることが猫にとって危険とされている植物は実は全部で700種類もあり、生け花や観葉植物として人気のものもたくさんあります。

実際にユリを行けてあった花瓶の水を飲んだだけで翌日死亡したという事例も出ていますので他人事ではなく、ぜひ一度家の中をチェックしてみてください。

猫にとって危険な植物


出典:fotopus.com

あまりにも種類が多かったので大きく≪科≫でまとめてご紹介していきます。死亡事例があったり死亡する可能性のある特に危険な物には名前の横に★をつけてあります。

・アジサイ科★≪つぼみが特に危険≫

・アヤメ科≪アイリス・サフラン・アヤメ≫

・イチイ科≪果肉は無毒ですが、茎・葉・樹体すべてが有毒≫

・イチヤクソウ科≪樹体すべてが危険≫

・イチョウ科≪銀杏への接触・飲食で皮膚炎や呼吸困難を引きおこす≫

・イラクサ科≪葉および茎の刺毛への接触≫

・アイビー・ウコギ科≪葉や果実が危険≫

・ウルシ科≪猫だけでなく人間も危険・激しい皮膚炎を起こす・ハゼノキも含まれる≫

・エゴノキ科≪果皮が危険≫

・オシロイバナ科≪皮膚炎・種子を食べることにより幻覚作用≫


出典:lvpu.net

・キキョウ科≪根が危険で死亡例あり・セイヨウキョウチクトウ★・ロベリア★≫

・キク科≪ダンゴギク・マーガレット・デージー・フジバカマ含む。嘔吐や皮膚炎≫

,/キョウチクトウ科≪ニチニチ草も・全身麻痺を引き起こす≫

・キンポウゲ科≪ウマのアシガタ・オダマキ・ヒエンソウ★・クリスマスローズ・フクジュソウ★・      クレマチス・アネモネ≫

・アボガド★≪未成熟の果実や種子の中身・時に死に至る≫

・クマズラ科≪ランタナの葉や未成熟種子≫

・クワ科≪アサ・イチジク≫

・ケシ科≪クサノオウ★・ケシ★・ケンマソウ★・タケニグサ★中枢神経の麻痺や呼吸困難で死亡≫

・コバノイシカグマ科≪ワラビ★発がん性・慢性衰弱を引き起こし死亡≫

・キツネノテブクロ★≪ジギダリス・嘔吐や高カリウム決勝を引き起こし心停止も重篤例にあり≫


出典:kasyo-nobu.jp

・サクラソウ科≪シクラメン・サクラソウの全草が危険。胃腸炎を引き起こす≫

・ザクロ科≪ザクロの樹皮・根皮によって失神や精神混乱が見られる≫

・サトイモ科≪フィロデンドロン★・ポトス・エレファントイアー・ディフェンパキア・クワズイモ・カラスビシャク・ショウブ・スパシフィラム・マムシグサ・モンステラ≫

・シキミ科★≪全身けいれん・呼吸困難・めまい・嘔吐≫

・ジンチョウゲ科≪葉や花により口腔内浮腫・嘔吐・血便・腹痛≫

・スミレ科★≪パンジー・ビオラの種子や根茎により嘔吐や神経麻痺≫

・セリ科≪ドクゼリ★全草が危険で頻脈・呼吸困難・横紋筋麻痺により死亡≫

・センダン科★≪嘔吐やけいれん・呼吸停止・心停止。種子と茎幹が危険≫

・ソテツ科≪種子や茎幹によりホルムアルデヒド中毒・肝不全・腎不全・発がん性≫


出典: bionet.jp

・タデ科≪ショクヨウダイオウ・ヤナギタデ≫

・ツツジ科≪アザレア★カルミア・サツキ★レンゲツツジ★ハナヒリノキ★≫

・ツヅラフジ科≪種子により頻脈・神経障害・けいれん≫

・ツリフネソウ≪ホウセンカ≫

・トウダイグサ科≪トウゴマ★ポインセチア・ノウルシ・トウダイグサ≫

・ドクウツギ科★≪種子や樹皮により全身硬直・けいれん・呼吸困難により死亡≫

・トチトキ科★≪胃腸炎・脱水・電解質異常をきたす≫


出典: gensun.org

ナス科≪ジャガイモ★・タバコ★チョウセン朝顔★トマト★ハシリドコロ★ヒヨドリジョウゴ★ベラドンナ★ホオヅキ★ナス★呼吸障害やけいれん、幻覚などおこし死亡例≫

ニシキギ科≪マサキ・手足の腫れやマヒを起こす≫


出典:plaza.rakuten.co.jp

・バショウ科≪ゴクラクチョウカ・ストレリチア・・嘔吐・下痢・腹痛≫

・バラ科≪アンズ★ウメ★スモモ★モモ★リンゴ★どれも未成熟の果実や種子の中身により痙攣≫

・ヒガンバナ科≪アマリリス★キツネノカミソリ★スイセン★ヒガンバナ★鱗茎により心停止≫

・ヒルガオ科≪朝顔・アセビ・種子や蔓、葉により幻覚や血圧低下≫

・ブドウ科≪ツタ‥根への接触で皮膚炎・結膜炎。経口摂取で嘔吐・下痢・胃腸炎≫

・ボタン科≪シャクヤク・ボタン・山シャクヤク・・乳液に接触でかぶれや嘔吐・血圧低下≫


出典:modern-h.jp

・マチン科≪カロライナジャスミン・イエロージャスミン・・嚥下困難や呼吸筋麻痺≫

・マメ科≪ルピナス・キバナフジ★ニセアカシア★フジ★トウアズキ★腎不全や苦悶・死亡例も≫

・ミカン科≪コクサギ・ミヤマシキミ・イカリソウ・・知覚神経の麻痺や手足の痙攣≫

・メギ科≪イカリソウ・・・知覚神経の興奮≫

・モクセイ科≪ジャスミン★痙攣・呼吸筋」麻痺により死亡≫


出典bell-8718.jugem.jp

・ヤマゴボウ科≪ヨウシャヤマゴボウ★特に根や実が危険で重傷だと呼吸困難や痙攣をおこす≫

・ヤマノイモ科≪オニドコロ・・根の経口摂取で嘔吐や胃腸炎・血球破壊≫

・ユズリハ科≪ユズリハの葉や樹皮で肝障害や麻痺≫

・ユリ科≪イヌサフラン★オニユリ★スズラン★ユリ全般★エンレイソウ★オモト★コバイケソウ★チューリップ★シュロソウ★ツクバネソウ★ヒヤシンス★バイケイソウ★ヒヤシンス★タマネギ★アロエ・・どれも心臓まひなどの重篤な症状がでて死亡例多数≫

・リュウゼンカズラ科≪ドラセナ★幸福の木として人気のドラセナですが全身麻痺・死亡例も≫

ずいぶんと長くなってしまいましたがチューリプやポトス、アロエなどどこのおうちにもありそうなものが驚くほどたくさん含まれていましたよね。

お家の中に緑がなくなってしまうのはさみしいので、猫ちゃんの手の届かないように天井から吊るす・目の届きやすいリビングに置く、毛玉対策用に猫草を育ててあげるなど悲しい事態にならないようにしっかり予防しましょう!!

楽天市場やアマゾンでも毛玉対策用のドライフードやあげやすいお菓子がたくさんあるので草を育てるのはちょっと・・という方はぜひ活用して猫ちゃんの健康を守ってあげましょう(*^^)v

楽天市場の毛玉ケア商品☆人気ランキングはこちら