【子猫用フード】人気フードおススメ10選<2017年>

市販のキャットフードの中には【子猫用】として栄養価の高いものが分かりやすく販売されていますが、実はその中でも粗悪な原材料を使っていた利添加物の多いものがたくさん存在します。

そのうえ市販の安価な子猫用フードは

【安さ・カロリーの多さ】

だけを考えて作られているので、どうしても猫の体に合わない穀物の割合が多くなっています。

子猫の時期は臓器や体の組織がどんどん作られていく大切な時期。
そんな時に体に悪影響を及ぼす添加物や、4Dミートと呼ばれるような劣悪な素材のものを食べさせたくありませんよね!!

子猫用や高カロリーな食事が必要なのは1歳まで。
食べる量も多くないですし1歳までだけでも【無添加・グレインフリー・肉や魚の割合が多い】ものを選び、健康で丈夫な体を作れる食事をさせてあげてください☆彡

大切な家族だからずーっと一緒に、一生健康に暮らしたいですもんね(^_-)-☆

 

動物性たんぱく質が豊富に含まれ栄養価の高いもの

出典:nyanlab.com

一生の健康を左右する成長期の子猫にとって一番必要な物は良質の≪たんぱく質・脂質≫

子猫の間は食べられる量が少ないので栄養価が高いものを選んであげることも大切ですが【子猫用】と書かれているものであればまず心配ありません。

そして注意したい点がこれ!!
人間も食べられるような高品質の原材料を使ったものが好ましく原材料としては肉や魚などの名目が一番先に書かれているものを選ぶこと!!

なぜかというと原材料表記は含有率の多い順に左から表示されているので、表示の順番で何が多く使われているものなのか想像がつきます。

間違っても【副産物・パウダー・ミール】という表示のあるものは避けましょう!!

それは病死した動物の市外や、食べ物とは呼べない部位をすりつぶし名前を変えた劣悪な素材です。
⇒詳しくは【本当は怖いキャットフード】を参照

 

穀物が含まれていないもの【グレインフリー】

出典:pc-supply.jp

ペットとして身近な存在の猫ですが、猫は本来肉食の生き物なので穀物は必要のない栄養素。中にはアレルギーを起こしてしまう猫ちゃんもいるほどです。

消化器官も肉類の消化に適して進化してきたため腸が短く、炭水化物の消化は苦手
栄養素をうまく吸収できなかったり、下痢を起こしたりしてしまいます。

特にトウモロコシ粉や小麦は特に猫の体に合っておらずアレルギー源になります。

猫ちゃんにとっていいところなしの穀物ですが、流通しているキャットフードには穀物が使われていることがほとんど。

なぜなら穀物の割合が減るという事は、肉や魚という原材料の割合を増やさなくてはいけないため値段がどうしても上がってしまうから。

そして現代では健康の事以上に安さが求められるからです。

自分たちの生活もあるので猫ちゃんに高級なご飯をあげられないのはもちろんですが、せめてアレルギーや体に悪影響のあるフードは避けたいですよね!!

小さい体に添加物は大敵!!無添加であること

出典:nyanlab.com

流通している多くのキャットフードの中には【香料・保存料・着色料】など猫ちゃんにとって良くない添加物がたっぷり含まれています。

それももちろんコストダウンのため。

低品質な材料で作られた食べ物を香料でごまかし、保存料で長期保存できるようにすることで安く売ることが出来るのです。

驚いたことに国産フードはその傾向が高いです

人間の食べるものは国産が一番ですがペットフードに関しては日本は規定が甘く、ヨーロッパでは悪影響が証明され禁止されている添加物などもまだ取り締まられていません。

なのでペットフードに関してはヨーロッパ原産のものをおすすめします(^^♪

 

 

布の見出し素材(まち針つき)51

安心して食べさせられる子猫用フードはどれ?!

出典:nyanlab.com

ではどんなフードを選べばいいのでしょう??
大切な子猫ちゃんに安心してあげられる、人気のあるおススメフードをまとめてみました(*^▽^*)<2017年9月20日現在>

 

布の見出し素材(まち針つき)51

≪人間も食べられるくらいのもの≫にこだわったプレミアムキャットフード
カナガンキャットフード

・グレインフリー(穀物不使用)

・人工添加物無添加

・チキン、サツマイモが主原料

・全年齢用

・1,5キロ・・・3960円

・原産国・・・イギリス


いいお値段ですが原材料をチェックしても【人間でも食べられる原材料しか使わないキャットフード】として安全性にとことんこだわった証拠と言えると思います。

国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造している点も安心ですね。

消化に悪くアレルゲンともなる穀物の代わりに、サツマイモを使用しているので腹持ちもよく食物繊維でおなかの調子を整えてくれます(#^^#)

そのためレビューでは『毛艶がよくなった』や『いつもゆるめなのにいいウンチをするようになった』という声が多いです♪♪

 

⇒イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』

【第三位】モグニャン


・グレインフリー

・無添加

・全年齢対応フード

・白身魚が60%も入っており魚好きの猫ちゃんに最適

・1,5キロ・・・3560円

・原産国・・・イングランド


モグニャンはカナガンキャットフードやシンプリ―キャットフードの正規輸入代理店をしている≪レティシアン≫がペット先進国イギリスのペットフード専門工場と協力して作ったものです。

もちろん≪グレインフリー・無添加≫でさらに安全性の高い海外工場生産・魚の使用量が多いというところが魅力的ですね♪♪

不安なことを気軽に専門スタッフに質問できる相談サービスもあるので、心配事がおおい子猫ちゃんの時期も安心して過ごせます。

プレミアムキャットフード『モグニャン』詳細はこちら

 

オリジンキャットフード

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・グレインフリー

・無添加

・主原料は鶏肉


オリジンのキャットフードは『高カロリー』『高たんぱく』『高脂質』の3拍子揃った総合栄養食で、特に骨や筋肉などの体のもとが形成されていく2歳くらいまでの大切な時期におススメです。

ただしカロリーが高め&かなりの高たんぱくなので中年以降の猫ちゃんには不向きだと思います
逆に食の細い猫ちゃんには理想的なフードと言えますね♪♪

ただ一つの欠点といえば380gで1350円・1、8キロで6240円と他のキャットフードに比べてもダントツでお高いところです。

いくらいいものを食べさせてあげたい!と思っていても家庭のお財布事情とうまく折り合いがつかなければ続けられないですもんね(+o+)

ペットフードオブザイヤー受賞!【オリジン】の詳細を見る

シンプリ―

・グレインフリー

・無添加

・お魚好きのねこちゃんにおススメ

・全年齢用

・1,5キロ・・・3560円

・原産国・・・イギリス


お魚が大好きな子におすすめしたいのがこちらのシンプリ―。

生サーモンを主ベースに生マス・ニシン・白身魚をふんだんに使っているため、無添加フードにつきものの悩み≪食いつきの悪さ≫を素材の美味しい香りで見事にカバーしています。

Q&Aでもすごく香りがしますが『香料を使っているんですか??』という質問があるほど人間の鼻にもいい香りなので嗅覚の鋭い猫ちゃんにとってはなおのこと魅力的でしょう(#^^#)

サーモンに含まれる抗酸化作用のあるアスタキサンチンや、抗炎症作用の強いオメガ3脂肪酸はアレルギー予防や皮膚トラブルの改善に効果的なので積極的に取らせてあげたい成分です。

全年齢に対応したフードなので子猫ちゃんにも安心してあげられ、不安なことはフリーダイアルでペット栄養管理士の資格を持ったスタッフに気軽に相談できます♪♪

⇒栄養学者と共同開発のプレミアムキャットフード『シンプリー』

布の見出し素材(まち針つき)51

ジャガー

・グレインフリー
・全年齢用(2カ月~)
・原産国:イギリス
・主原料:鴨肉・骨抜き&乾燥チキン
・1、5キロで3852円


チキンやサーモン・カモ肉をたっぷり使い80%以上が動物性たんぱく質というプレミアムキャットフード。

主原料であるチキンやカモ肉の脂肪分は不飽和脂肪酸が多いので、ほかのお肉に比べ酸化しにくく太りにくいという特徴がある優秀な原材料なのでいいお値段なのも納得できる内容です♪♪

高たんぱくで栄養バランスがいいうえに高麗ニンジンやハーブで全身の調子を整えてくれる点も魅力的☆彡

高品質な栄養がたっぷりなので骨格や大事な臓器を形成する子猫ちゃんの大事な時期に最適なプレミアムフードです。

ジャガーキャットフードの詳細はこちら

布の見出し素材(まち針つき)51

FINEPET′S

・鶏肉が主原料

・全粒米

・全粒大麦

・初回お試しパックあり(1・5キロで1000円)

・≪人間が食べることが出来るレベル≫がモットー


アレルギー性の低い『アヒル肉』と『ニシン』が主原料で、肉類原料割合が85%という高さで猫ちゃんの食いつきの良さと消化吸収率は最高レベル。

87%と消化吸収率がとても高いので、一回の食事で少ししか食べることのできない子猫ちゃんや、食の細い成猫ちゃん・シニア猫ちゃんに特におすすめです(#^^#)

食べたフードがおなかの中で中性化されるのに最も適した弱酸性フードなので尿石症を持つ猫ちゃんにも安心

公式HPからしか買えないですが、うちの子はストルバイト結石を以前しているのでこちらのフードに次は切り替えるつもりです☆

1・5キロで1000円というリーズナブルなお値段でお試しも出来るので、グルメな猫ちゃんや尿石症を持つ猫ちゃんにも気軽にお試しできるのが嬉しいポイントです♪♪

また届き次第、詳細をUPします^ー^

⇒FINEPET’Sキャットフードの詳細を見る


ここまでが無添加・人間の食べられるレベルにこだわったプレミアムフードに分類される【最高級プレミアムフード】でした♪♪

布の見出し素材(まち針つき)51

最高級ではあるが少し気になる点があるため残念ながら2位のキャットフード

素材・添加物ともに安心で最高級のものだけれど少し気になる点があるため1位にはならなかったシリーズです☆

ですがオーガニック認定を受けたものや原材料にもこだわったものばかりで、ちゃんとシリーズを選べばかなり安全といえます(^_-)-☆

 

ヤラ―

・グレインフリー
・フィッシュ・チキンの2種類から選べる
・放し飼いの鶏を使用
・世界で初めてオーガニック認定を受けた会社


オーガニック認定を受けるために、使われている野菜は3年以上も化学肥料や農薬を使用しない土地で作られており、鶏に関してもストレスのかからない放し飼いを徹底しています。

フィッシュ・チキン・グレインフリーの3種類展開ですが【グレインフリー】以外の物には小麦やコーンの割合がかなり高く残念で、第二位としました。

グレインフリー以外はお勧めできませんが、素材にもこだわりが強く今もなおオーガニック志向の熱良いファンのいるブランドです。

⇒ヤラ―キャットフードの詳細はこちら

アニモンダ

・原産国はドイツ
・添加物・着色料・危険な原材料は不使用


もともとはハムやソーセージなどの肉加工会社の子会社だったこともあり≪生肉≫に関してこだわりの強いメーカー。

素材もよく人工添加物も使われいないのはいいとおころなのですが肉類よりも小麦シリアルの割合が多いため第二位の分類に入れました。

このメーカーを買うならドライフードよりも、せっかくならお肉屋さんがこだわっている猫缶を買ってみたほうがいいと思います(*´ω`*)

⇒楽天市場でアニモンダキャットフードを見る

 

サイエンスダイエット

・原産国はオランダ

・香料・着色料・危険な原材料は不使用

・1,8キロ・・1700円前後


ホームセンターやペットショップなどでも必ず見かけるサイエンスダイエット。

キトン用・原料サポート用・ヘアボールケア等さまざまなライフステージや体調に合わせてたくさんの種類があり、獣医師でも勧められたり試供品をもらう機会も多いと思います。

さらに≪プロシリーズ≫というワンランク上の総合栄養食からおうちの猫ちゃんにあったキャットフードを選ぶこともできます♪♪

比較的無添加である事や原材料がきちんとしたものを使っている点はとても評価すべきですが、1つだけ気になるのが肉類の次に多く使われているのがトウモロコシ由来の原材料という点。

猫ちゃんはトウモロコシの消化が不得意なのでお腹の弱い子には不向きだと思います。

とはいえトウモロコシ以外の点においては商品は安心してあげられるいいものなので、おうちの猫ちゃんに合うかどうか試供品で試してみてからのご購入をおすすめします(*^▽^*)

一応最安値も調べましたが、アマゾンと楽天市場どちらも同じお値段だったのでお好みのサイトで大丈夫です。

楽天ポイントをお持ちの方であればポイント還元があるので楽天市場でのお買い物が絶対にお得です☆

⇒楽天☆サイエンスダイエット最安値を見る

 

 

アイムス

・原産国はオランダ
・1,5キロ・・・1200円前後

・香料・着色料は不使用

・副産物や遺伝子組み換え原料は不明


どこのお店でも必ず見かけるアイムスですがまず原材料が自信をもって危険な物が入っていないと確認できないところが気になります。

公式HP上で≪かさまし0≫宣言を行っているにも関わらず、きちんと原材料を調べるとトウモロコシ由来の原材料やビートパルプ(砂糖の原料となるテンサイやサトウキビから砂糖を搾り取った後の繊維)がけっこうたくさん使われているので、それを知ったときの騙された感はすごい(+o+)

繊維質が多いためかウンチが少し硬めになるというレビューが多いのでウンチがゆるめの猫ちゃんには合っているフードだと思います!!

かさましでまだよかったですが無添加をうたっておいて危険な添加物が使われているなんて事にもなりかねないので【有名=安心】ではないという事がよくわかります。

ですが毛玉ケアや体重ケアなどいろんな体の状況に合わせたフードがあり、粗悪な原材料は使われていないので安価なフードよりはずっと安心と言えます♪♪

いい所と気になる所をきちんと知ったうえで選びたい商品ですね☆

⇒アイムスを最安値の楽天市場で見る

 

布の見出し素材(まち針つき)51

気になる原材料が2種類あるものの比較的安心なフード

気になる添加物等が入っているのであまりお勧めしたくないけれど、まだ原材料としては安心だというランクです。
これだけ安全・安心にこだわったいいものをご紹介した後に書くと選びづらいですが、ホームセンターなどで安売りされている安価なキャットフードと比べるとはるかに安全でいいものです♪♪

ですがお値段を比較していくと先ほどのプレミアムフードに比べ、お値段の差はそこまで大きくないので中途半端に妥協するくらいならプレミアムフードをおススメしたいなと思う内容でした( ^ω^ )

ピュリナワン

・無添加
・4Dミール使用
・穀物は多め
・2・2キロ・・・2200~2500円


最近ではどこのお店でも見かけるようになったピュリナワン。

【腎臓ケア】【下部尿路ケア】【体重ケア】などの猫ちゃんの健康に深くかかわる病気に配慮されている特別食が豊富なだけでなく、危険な添加物が含まれていないことでも注目されています。

ですが原材料にくちばしや羽などが混入している可能性のある4Dミートが使用されている事と、消化が苦手な穀物が入っているのでその点は知ったうえで選びましょう!!

ちなみに最安値は200円差でアマゾンの勝利でした(^_-)-☆

⇒最安値アマゾンでピュリナワンを見る

ロイヤルカナン

・無添加

・2キロ・・・3500円前後

・2017年度から生産工場が韓国に

獣医さんでもどこのショップでも必ずと言っていいほど置いてあるほど王道の【ロイヤルカナン】

病気の猫ちゃんの療法食から子猫ちゃん用まで、すべての猫ちゃんに最適のキャットフードが揃っているので、我が家の2匹の猫たちも長い間お世話になっているブランドでした。

様々な疾患に合わせた専用フードがあるためうちの猫ちゃんが尿石症になったときに獣医師から勧められたのもこのロイヤルカナンで、プロにも信頼されている定番キャットフードです。

獣医さんからのおススメだったためなんの疑問も持たずあげていましたがきちんと調べてみるとあれ・・??
魚や肉の副産物という悪質な原材料はないものの、疾患用にコントロールされているものが多いためなのか添加物が多く入っている事と、大豆油や小麦が入っている。。。

最大の決め手は【BHA】を使っている事!!

BHAは酸化防止剤の一種ですが発がん性が指摘されているものです。私はこれを見てプレミアムフードに乗り換える決意をしました。

プレミアムフードだけでは尿石症への配慮が少し不安だったためもしもの時のためにロイヤルカナンのストックもしていましたが切り替えてはや2週間。

今のところ再発もなく元気に過ごせています。

しかしうちのように代替品が見つからず病気があって療法食として食べさせている場合は、続けていかざるをえないと思います。

ロイヤルカナンの最安値ショップはこちら!!

会員登録でほとんどの商品が最安値で買える【アイリスオーヤマ】でした☆

⇒【最安値】ロイヤルカナンの詳細を見る


 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/随時更新していきますのでこれからもよろしくお願いします♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です