キャットフードの選び方☆人気のおススメ安心フードはこれ!

 

皆さん猫ちゃんのフード選びは何を基準にしていますか??

わたしは自分達の場合もそうですが【国産】しか買わないことにしています。

なので猫ちゃんのご飯も【国産】なら安心だと思って買っていたのですが、愛猫が病気になってしまったのをきっかけに色々調べていると恐ろしい国産フードの裏側が見えてきました・・・

布の見出し素材(まち針つき)51

国産フードも安全じゃない?!

【国産】の表記があるとなんとなく安心してしまうんですが、実は人間の食べ物に限ってのみ通用するものなんです。日本は人間の食については世界の高水準を保っていますが、
ペットフードにおける日本の基準はアメリカの検査協会企画と比べて基準がかなり低く内容も大雑把な物なのです。

例としてキャットフードによく使われている【家禽ミール】を考えてみましょう。


・日本の家禽ミールの基準
私たちが食用として食べられる部分以外の鶏肉。内臓やくず肉・骨・時には嘴などの油分を取りすりつぶしたもの。

アメリカの飼育協会企画の家禽ミール基準
羽毛や鳥の頭部・内臓・足・羽以外の部分。清潔な骨付き・骨なし肉屋と利川の油分を取りすりつぶしたもの。


こうしてみると一番粗悪な全材料を使っているのは≪安価な国産フード≫だという事が分かりますよね。同じ家禽ミールを使ったフードでも、アメリカなど外国産のフードの方がまだマシという事です。

≪本当は怖いキャットフード≫の記事でもお話ししたように安価なキャットフードは恐ろしい肉の副産物【家禽ミール】や【4Dミート】を使っているから低料金で販売することが出来るのです。

 

この家禽ミールと並んで4Dミートに分類される危険な原材料は【ミートミール】【肉の副産物】【魚の副産物】【肉福産粉】などです。

4Dミートというとピンとこない方の方が多いと思いますが、4Dミートの正体は

・『D』EAD]=死んでしまった動物の肉
・『D』ISEASED=病気だった動物の肉
・『D』YING=死にかけだった動物の肉
・『D』ISABLED=障害のあった動物の肉

の頭文字をとって【4Dミート】なんです。

布の見出し素材(まち針つき)51

4Dミートを見分けよう!!

そんな恐ろしい4Dミートですがパッケージにある原材料名・成分表をしっかりとチェックすれば100%ではありませんが、かなり避けることができます。

チキンミールやサーモンミールなどは原材料名が分かっている分、比較的安心ですが【家禽ミール・ミートミール】のように何の肉が使われているのか明記されていない場合は4Dミートの可能性が高いです。

ほかにも【フィッシュミール】【肉の副産物】【家禽複合物】【○○パウダー】【○○エキス】という表示は肉の質だけではなく、肉以外の内臓・爪や足・羽などが混入している可能性のある粗悪なものだと思われます。

こういう表記の多いものは買ってはいけないキャットフードです。

書き方を変えて少し違う言い回しにしている表示も最近増えてきていますが、ネコちゃんの健康を守れるのは飼い主さんだけ。

わからない表示はその場で携帯を使って調べるなど慎重に選びましょう(^^)/

どうしてそんな原材料を使うの??

布の見出し素材(まち針つき)51

どうしてそんな原材料を使うの??

普通の人間の感覚として素直に『どうして人間も食べられないような粗悪なお肉を動物には平気で使うの?』と疑問に思いますよね。

それは【安く大量に作って利益をだすため】です。

悲しい事に世の中には考えもつかない程お金に取りつかれ、人や動物の健康を害しても利益を得たいと思う人もいるのです。

そしてそれがまかり通るのは、何よりも安さを望み、安心・安全を深く意識しない消費者がいるからです。
今では無知だった自分自身を猛烈に後悔していますが、私もその一人でした。

布の見出し素材(まち針つき)51

4Dミートの恐怖体験

色々と書きましたが実は私も4Dミートの存在を知るまでは、2キロで598円くらいのキャットフードを愛猫のレオちゃんにあげていました。しかし3歳になるころ、元気がなくなりおしっこをお布団や服の上などそこら中でするようになり食欲がなくなってきました。

粗相をした後の布をよく見るとキラキラと光る細かい砂のようなものがたくさん混じっていることに気づき、おかしいなと思い病院に連れて行くと尿路結石だとの診断が。

猫ちゃんの体質による要因もあるけれど、安価なキャットフードに含まれる4Dミートは質の低いたんぱく質が大量に含まれているため体内できちんと消化できず内臓に負担をかけてしまうそうです。
知らなかったとはいえ、大好きなレオちゃんの健康を私自身がむしばんでいたなんて・・ととてもショックでした。

無知は罪・こんな思いを誰にもしてほしくないと思いこのブログを立ち上げました。

それからは獣医さんで処方してもらった2キロ3500円のロイヤルカナンの療養食だけをあげていますが、フードを変えてからすぐに変化が現れたんです!!

なんとウンチがあんまり臭くないんです!!!

人間でも変な物を食べた後はウンチが臭くなることってありますよね?

それと同じなんだなぁと改めて不自然な物の怖さを感じました。

最初からちゃんとしたフードをあげていたら尿路結石になんてならずに痛い思いをさせなくて済んだかも・・
と思うと申し訳なくてたまりません。

尿路結石になってから本能からか水をたくさん飲むため尿量が増えて、毎日1,2箇所はお布団やソファの上でおもらしをするようになりました。

猫ちゃん自身のためにも飼い主さんのためにも信頼できるキャットフードを食べさせてあげてくださいね((+_+))
本当に後悔先に立たずです↓↓

布の見出し素材(まち針つき)51

じゃあどんなフードを選べばいいの??

怖い話ばかりを聞くとどうしていいかわからなくなってきますよね!?

最近『よさそうだな~』と気になっているフードがいくつかあるのでご紹介させてください☆彡

プレミアムキャットフード・ジャガー

ジャガーが作られているのは、ペットフード先進国イギリスにある有名なペットフード生産工場で、徹底した安全管理と品質の高さで知られています。

パッケージに参加しにくい工夫がされていたり、グレインフリーでアレルギーにも対応・人工的な添加物を使わないところに『ネコちゃんへの愛』が感じられ好感が持てます( *´艸`)

⇒いつも隣にある贅沢。プレミアムキャットフード『ジャガー』の詳細はこちら

Tamaのおねだり

人間が食べられるくらい新鮮な原材料を使い、猫にとって理想的な動物性たんぱく質を多く含んだ高たんぱくなフード】を目指している≪Tamaのおねだり≫

手作りご飯がお手軽に作れるパテや冷凍おかずもあり手作りフードに挑戦してみたい方にもおススメです☆彡

いくら猫ちゃんの健康のためと言えど、食べてくれるかわからないフードを最初から何キロも買うのは勇気がいりますよね。

Tamaのおねだりにはたっぷり試せる1000円トライアルセットがあるので、気軽にお試しできますよ(*´ω`*)

⇒Tamaのおねだりお試しセットを試してみる!!

 

FINEPET’Sキャットフード

「人間が食べることができるレベル」の原材料のみを使用し、アレルギー性の低いアヒル肉、ニシンを主原料に、肉類の副産物(バイプロダクツ)や 化学合成された添加物は一切使用せず、一生を通じて安全で安心してご給餌いただけるキャットフード

として、熱意とプライドを持っておられる事がサイトの節々から伝わってくるのが印象的なメーカーさんです。

思いを貫くために自社メーカーでの一貫製造を行い、中国産の原材料を一切使用しないというこだわりも共感できて素敵だなーと思います♪♪

⇒FINEPET’Sキャットフードを詳しく見る

カナガンキャットフード

イギリスの最高峰のキャットフードとは知っていましたが、しっかりHPを読んでいるとこだわりが超一流!!

もちろん人間が食べられるレベルの原材料だけを使用し、使用するチキンまでストレスがかからないように平飼い(放し飼い)しているそう。

一度に大量生産をせず、少量ずつをこまめに生産することで、できるかぎり新鮮なフードを愛猫家に提供するというこだわりぶりです。特に日本に届ける商品は、オーダーが入ってから作られているというのが驚きでした!!

製造ラインまで全て写真付きでHPで紹介されており『安心と信頼』を何より大切にする姿勢が素晴らしすぎます☆彡

⇒イギリスの最高級キャットフード【カナガン】の詳細を見る

カナガンの新ブランド【モグニャン】

先ほどご紹介したキャットフードの大ブランド【カナガン】のスタッフが猫ちゃんの幸せを考え抜いた新作フードです。

肉食である猫ちゃんの体に合わせたグレインフリーで、着色料・香料もちろん不使用。

香料なんて使わなくてもいい素材を使っていれば素材が持つ本来の美味しい香りにネコちゃんも大喜び!!

安心して食べられる素材だけを使い猫ちゃんに必要な栄養素だけがギュッと凝縮されているため食の細い猫ちゃんでも栄養バランスよく食べられ、獣医師からも推奨されています(^_-)-☆

 

愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます(#^^#)
今日がいい一日になりますように☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です